高等学校卒業程度認定試験合格目指す予備校

高卒認定予備校は、文部科学省が実施する「高等学校卒業程度認定試験」の合格を目指すための予備校です。

「大検(大学入学資格検定)」から代わった試験で、平成16年度まで行われていましたが、平成17年度から「高等学校卒業程度認定試験」が実施されています。

「高等学校卒業程度認定試験」に合格すれば、「高校卒業と同程度の学力」と認定されますが、合格しても高校卒業に必要な単位を取得できたことにはならなく、高卒の学歴にはなりません。

高卒認定予備校は、効率的な勉強方法や試験対策だけでなく、合格後の進路としての大学・短期大学・専門学校等の指導をしてくれる学校もあります。

高卒認定試験とは?

様々な理由で高校を卒業できなかった方が、「高等学校卒業程度認定試験」に合格さえすれば、高校卒業と同程度の学力があると認定され、大学・短期大学・専門学校の受験資格が与えられる試験です。

就職、資格試験などを受ける場合に、高校卒業者と同じ扱いをしてくれます。

◯受験資格
受験する年度内に満16歳以上になる方で、高校卒業資格のない方が受験できます。

◯合格した場合の学歴
「高等学校卒業程度認定試験」に合格しても、大学や短期大学等に進学しない限り、最終学歴は中卒となりますが、履歴書の学歴欄には「平成○○年 高等学校卒業程度認定試験合格」と記入し、高校卒業と同程度の学力があると認識してもらえます。

高卒認定予備校比較・検討

高卒認定予備校は、何らかの理由があって高校を卒業できなかった人でも、高等学校卒業程度認定試験に合格すれば、高校卒業と同程度の学力が認定され、大学・短期大学・専門学校の受験資格が与えられます。

また、みなさんの就職や資格試験などに際しても、高校卒業者と同じ扱いを受けることができますので、高卒認定予備校選びは慎重に選ぶ必要があります。



当サイトでは、厳選した高卒認定予備校、また通信制高校やサポート校の資料を一括請求することが可能です。

みなさんに合った高卒認定予備校を選ぶため、高卒認定予備校の資料を取り寄せ、じっくり比較・検討することをお勧めします。

通信制高校比較・検討         
Copyright (C) 人気の通信制高校 All Rights Reserved.